イモリ(アカハライモリ)とはどんな生物?

IMG_1428_R.jpg

まいどっ(^-^)/無重力の騎士です。

イモリとはどんな生き物なのか?

両生類です。
有尾目イモリ科イモリ属に属しています。
学術名は(Cynops pyrrhogaster)です。




日本で単にイモリというとアカハライモリのことを指す場合が多いようです。わたしも単にイモリというとアカハライモリを思い浮かべます。

別名;ニホンイモリ(日本井守)

生息分布


アカハライモリは日本固有種です。本州・四国・九州に住んでいます。北海道や沖縄には住んでいません。沖縄や奄美大島にはシリケンイモリという別の種類の、一回り大きいイモリが住んでいます。


イモリの見た目・外観


パッと見はトカゲそのものです。短い4本の足と長い尻尾があります。お腹には赤い斑点があります。お腹が赤いからアカハライモリの名前がついたと思われます。

全長は大きいものでオスが10Cmでメスが13Cmくらい。

目はわりと離れた位置についていますが、列記とした肉食です。

IMG_1530_R.jpg


歩行


陸上ではヨチヨチ歩きという感じで、あまり早くは歩けないようです。身に危険が迫ってもちょっと急ぎ気味のヨチヨチ歩き。イモリを小さな(イモリの全長の半分も無い)スプーンですくおうとしても暴れるものの50%以上の確率ですくうことが出来ました(^-^)

水底でもよく歩きますが、ヨチヨチ歩きです。陸上よりかはいくぶん早く歩けますが。つまり自重を十分に支えられるほど強い足では無いということです。


泳ぎ


本気を出した時(滅多にありませんが)は尻尾を左右にふって泳ぎます。歩くよりは格段に早いです。とはいえ魚を捕まえられるほど早くは無いです。

普段は足をバタバタさせながら泳ぎます。よくいえばクロール。悪く言えば溺れているような泳ぎ方です。のんびりとノンキに泳いでいます。


視力・聴力・嗅覚


いづれもあまりよくないように思えます。目の前にエサがあっても、なかなかわからないようです。大きな音がしてもビクリともせずにボ~っとしてます。

嗅覚が一番頼りになるようで、エサを与えるとエサの近くまでは結構離れたところからも寄ってきます。でも、イザ食べようとすると正確な位置まではわからないようで、エサの横にある石をつついたり食べたりします(^^ゞ

うまく口の中にエサが入ったら、素早く食べます。イモリの動きの中でもっとも早いのはエサを食べる時のあごの動きのようです。ちなみにイモリには歯は無いようです。こないだ大きなあくびをした時に口の中が見えましたが歯は見えませんでした。

IMG_1524_R.jpg


イモリの動きあるある


水底で歩いている時に、突然歩くのをやめ片足があがったままの中途半端な姿勢で固まります。そのままじっと数分間動かないことが日常茶飯事でよくあります(^-^)

泳いでいる途中で、突然泳ぐのをやめることも多々あります。当然水底まで沈みます。なんのために泳ぎ始めたのでしょう?

奴らには人間などには理解出来ない行動理念があるのかも?

テーマ : アクアリウム
ジャンル : ペット

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

ブログランキング
プロフィール

無重力の騎士@イモリ好き@

Author:無重力の騎士@イモリ好き@
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
カウンター
相互リンク
人気記事ランキング
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR